1. HOME
  2. ブログ
  3. この夏に観たい映画① 

この夏に観たい映画① 

気づけばセミの大合唱が聞こえてくる季節。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

予定とはだいぶ違う夏の過ごし方をされる方、
おうちの中で過ごす時間が増えた方などいろいろいらっしゃると思います。
少しでもみなさまがこの夏をより楽しく過ごせますよう
テンブス館ではホームページ上で「この夏に観たい映画特集」をはじめました。
 特集ページはこちらから

今回、私はこの夏に観たい映画として「もののけ姫」を選ばせていただきました。
すでに観たことあるよという方、多いかもしれません。
そんな方にもこの夏に「もののけ姫」はオススメできる作品だと思います。

監督は「となりのトトロ」や「風の谷のナウシカ」などで有名な宮崎駿さん。
スタジオジブリ制作の長編アニメーション作品です。
公開されたのは1997年。
もう二十数年前の作品になることに驚きます。
映画のポスターには「生きろ。」のメッセージ。

この作品、題名は「もののけ姫」とありますが、
アシタカという主役と言っていい重要人物が登場します。
物語の中でアシタカは故郷を出て、西へ向かい、
自然と人間が対立している中で
己の命を賭して、憎しみあう者同士が共に生きていく道を探します。

その旅の途中でいろいろな背景、思いを持ったモノたちに出会います。
宮崎駿監督は各々の存在や出来事を善悪に簡単に割り切れるようには決して描きません。
だからこその解決の難しさを観客に訴えてきます。

物語の終盤でアシタカは、
どうしても相手を「許せない」と言う者に、「許せなくてもいい」と返します。
それでも共に生きようとし、共に生きていく方法を探します。
そんなアシタカの姿勢や眼差しから受け取るものは
いつの時代を生きていくのにも力を分けてくれるかもしれません。

分かり合えることを前提にではなく
分かり合えない中でもどうやって共存していくか
考えさせられます。

すでに観たことある方にもはじめての方にも
ぜひ観ていただけたらと思い、今回選びました。
お一人でもご家族でも、友達同士でも楽しめる作品ではないでしょうか。

現在、過去のスタジオジブリ作品を
上映している映画館もございます。

おうちでも
映画館でも
ぜひ素敵なひとときをお過ごしください。

那覇市ぶんかテンブス館スタッフ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事